部屋探し体験談

目次へ戻る

「札幌一人暮し体験記」
会社員 札幌市在住 S.T. さん

 私が住んでいるところは大家さんの家がすぐ目の前にあり、家賃は直接持参しなければならないという今時珍しいシステムになっています。




 大家さんにしてみれば入居者に何か変わったことがないか等、毎月顔を見て安心できるようにという考えのようですが、正直こちら側としては持参する時間も遅くなるので大変不便に感じます。




 なので大家さんと顔を合わす機会も多々あるのですが、先日お話したときに、私の住んでいる上の部屋が空室になり、今募集をしているということを言っていました。前入居者が退室してから1ケ月くらい経ちますが、まだ決まっていないと残念そうに話していました。




 私の住んでいる所は大家さんの家が目の前にある為、建物に塞がれて光が入らず大変日当たりの悪い部屋です。これは自分も部屋を決める際に失敗したことの一つですが、洗濯物の乾きが悪く、部屋に光が入らないので暗い気分になります。さらに建物の1階が車庫になっており大変寒いので、そのへんが決まりにくい理由だと思いました。




 大家さんが目の前にいるのでコミニュケーションがとれ、修理等何か困ったことがあればすぐに対応してくれるというのは大変助かるのですが、逆に近すぎてあまり細かいことを言えない等不便な点も大いにあるので、不動産会社の管理物件のようにオーナーが遠くにいて不動産業者を通して連絡をとってもらう方がやりやすいのかなと感じました。


目次へ戻る