部屋探し体験談

目次へ戻る

札幌賃貸マンション一人暮らしお部屋体験
北星大学 F.N. さん

 私は今、姉から部屋を譲り渡してもらって一人暮らしをしています。とあるマンションの6階つきあたりです。姉は母と部屋を探しに行ったのですが、部屋を探すときに焦点にしたのは

●学校に近い

●家賃が安い

●収納スペースはあるか


 の3つだったそうです。それでまずマンションが決まりました。そして部屋の場所は外から侵入される危険性が少なく、非常階段に近く、万一の事態が起きたとき階段でも逃げ遅れない程度の高さということで決めたのだそうです。実際、住んでみると姉の学校にあわせて選んだ部屋なので私の大学は遠いですが、地下鉄駅が近い割りに安いし、周りに店が多く、そのおかげで夜道もさほど暗くないし、収納も充実しているので便利です。


 
しかし、多少難点もあります。まず、安いことは安いのですが、その分マンションは古いです。なので、オートロックはありません。ドア1枚隔てて得体の知れない人にチャイムを鳴らされるというのはなかなか怖いです。壁も薄く、廊下の声や物音は聞こえるのが常なので注意しないと廊下の端から端の部屋の声が聞こえてしまいます。


 それと、気をつけていないと排水溝やトイレが詰まってしまいます。特に、排水溝のほうはお風呂で流した髪の毛やシャンプーの泡がすぐに詰まってしまうので、掃除が大変です。昇降手段がエレベーターしかないのももう慣れましたが、最初のころはなんとなく落ち着きませんでした。そしてこれは友達に言われて気づいたのですが、マンションの廊下が薄暗いので、「ホラー映画みたいで怖い」と、あまり評判は良くありません。


 
今のマンションへの不満といえばこんなところですが、やはりまず安全さは絶対にほしいところです。オートロックはもちろん、親がドアを開けるのは危ないからと宅配便も送ってくれないので、安全に荷物を受け取れるような工夫などがあればさらにいいと思います。


 部屋の中で言えば、収納が多いのは本当に助かります。今の部屋はわずかな隙間にも収納できるように扉がついているので、その中にプラスチックの細長い引き出しを入れています。ただ、その細長い引き出しがなかなか見つからず大変だったので、取り外し自由な棚などついていたほうがありがたかったです。

目次へ戻る