部屋探し体験談

目次へ戻る

札幌賃貸マンション部屋探し体験談
会社員 札幌市在住 K.Y. さん

 今から五年位前のことです。一人暮らしを始めることになり、当時勤めていた会社の取引先の某不動産会社に相談に行きました。

 そこに待っていたのはとても感じのよい女性の営業の方でした。

  さっそく条件を伝えたところ、紹介されたのはこの女性の営業の方が今住んでいるお部屋と同じ造りの物件でした。本人はとても気に入って住んでいるそうで、毎日いろいろな物件を見ている中でも特にお薦めとのことで、案内してもらうことにしました。


 ところが、私が住みたい場所の物件はまだ入居中で、全く同じ造りのちょっと遠いところまで行き案内してもらいました。実際に見てみると想像していたよりも広く、バルコニーがあり、そのバルコニーにはイスとテーブルまで備え付けられていました。


 さらに実際に住む場所は、地下鉄駅の真上、銀行やスーパー、コンビニ、札幌○郵便局がすぐ近くにあり、思ってもみない好条件で私はここに住みたいと思いましたが、実際に住むお部屋の造りは同じでも中が見られないということで少し決めるまで悩みましたが、とても人気がある建物なので他に決まってしまうかもしれないと言われ決心しました。(後で思うとうまい営業だったのかもしれませんが・・・)


 その他にも2〜3件案内していただきましたが、やはり一番気にいったのでそこに決めてしまいました。


 入居してとても満足したのは7階建ての7階部分でしたので、夜景がすごくきれいに見えることでした。夏になるとベランダから豊平川の花火大会が見えました。ちょっとビールでも飲みながら景色を見ることができ心を癒す最高の空間でした。ひとつ欠点は冬に風が強くなるとストーブの安全装置が働いてすぐ消えてしまうことでした。


 ずっと長く住みたいお部屋でしたが、引越することになり立会いの際に、管理会社の方に言われて気づいたことがあります。内装が他のお部屋より汚かったことと、換気口?(普段使用していなかったのですが)のスイッチが壊れていたのでした。


 次にこのお部屋に入る方は内装がきれいになるそうですが、これも最初にお部屋を見ないで決めてしまったのが失敗だと少し後悔しましたが他はとても満足していましたので、今度また一人暮らしを始めるときにきちんと部屋の中を見ることを基本ですが絶対条件にしたいと考えています。

目次へ戻る