部屋探し体験談

目次へ戻る

部屋探し体験談
北海道大学1年 J.Yさん さん

僕は大学の前期試験合格発表の2日後に札幌に行き、部屋を探した。とりあえず、学校に近い、家賃が安い、広い部屋がいいという理想を掲げていた。
とりわけ、北海道の冬は雪がヤバイと聞いていたので、学校に近いというのは重要だった。

北大の生協に、部屋探しのための特別コーナーがあり、大学の新入生はそこで部屋を探す人が多い。
僕もそこで部屋を探した。
上に挙げたような条件を担当してくれた先輩に言うと、それに合うようなマンションを探してくれて、
また実際にそこの物件に電話してもらい、すぐに見に行くことができた。
大学にすごく近いマンションは大人気で、僕が見に行ったあとすぐに全部屋いっぱいになってしまった。
なので、大学にすごく近いなどのいい物件に住みたい人はできるだけ早く部屋を探したほうがいい。

結局2個目に見に行ったマンションを選び、そこに今住んでいるが、割と満足している。
インターネットに接続できるか、浴室やトイレなどの事もよく調べておいたほうがいい。
とりあえず広さがかなり重要であることは、住み始めてからわかった。

目次へ戻る