部屋探し体験談

目次へ戻る

部屋探し体験談
藤女子大学 A.H さん

私は1年生のとき、大学の近くの学生会館に住んでいましたが、門限が厳しい等の理由で、
2年の3月から一人暮らしを始めました。
 部屋探しは11月頃、近所の不動産屋さんへ行っていろいろな物件を紹介してもらいました。
すでに住みたい地域に住んでいる状況での部屋探しだったので、他の不動産屋さんにも
行ってみたり、じっくり検討することができました。

 条件は、家賃上限5万円できればもっと安く、バス・トイレ別、なるべく大学に近い、といった
あたりを重視しました。親の希望で初めはオートロックも条件に入れていたのですが、自分
自身の最重視する条件は家賃だったので、なかなかいい部屋が見つからずオートロックは
条件から外しました。自分が必要ないと思えるポイントは、どんどん切っていって、本当に
こだわるところだけ妥協しないようにしたほうがいいと思います。

 私の場合は、オートロック、部屋の広さ、収納力、建物自体の新しさなどが必要ない
ポイントだったので、最終的に決めた部屋にはそれらはありません。洗面台や棚の黄ばみ
などに古めかしさは感じられても、壁や床はきれいないい部屋です。オートロックはなくても
全然不安は感じないし、ワンルームの狭さも自分には丁度いいぐらい。

 部屋探しは、親の意見も汲み取りつつなんだかんだで9軒くらい見せてもらって、どこも
イマイチ住みたいと思わない部屋ばかりでしたが、今住んでいる部屋だけは「ここなら
住める!」と思えました。不動産屋を連れまわす迷惑な客だったと思いますが、おかげさま
で気に入った部屋を見つけることができました。

 こんなこと言っていいのかわかりませんが、不動産屋さんに遠慮はしないほうがいい
です。親の言いなりにもならないほうがいいです。自分が住みたい部屋に住むこと
を最優先に考えて、いい部屋を見つけられるようがんばってください。

目次へ戻る